大宮駅そば!通いやすく、楽しく上達できる音楽教室です

ギター
こんにちは。
フィールドミュージックの森田です。(ドラム森田講師のご紹介

今回は、ギターコードの仕組みについてお話ししたいと思います。

コードとは?

音楽用語の中でもコードという言葉は聞き馴染みがあるかと思います。
コードとは日本語で和音と言われ2つ以上の音を同時に鳴らすという意味です。

しかしその構成音は、どの音でもいいわけではなく、ドレミファソラシの音階のなかで1つずつ音をとばした3つの音で構成されたコードを3和音(トライアド)といい4つの音で構成されたコードを4和音といいます。

コードの仕組み〜ピアノ編〜

ギターで弾くコード

では、コードをギターで弾く時はどのようにして弾くのでしょうか?

ギターはそれぞれの弦で音が決まっています。
弦は開放弦で太い方(6弦)からミ・ラ・レ・ソ・シ・ミという音の並びになっています。

ギターのチューニング方法

先ほどもお話ししたように、3和音のコードは3つの音で成り立っています。
この3和音をギターで弾こうとすると、6音鳴ってしまいます。
では、残りの3音はどのようにして弾くのでしょうか?

では、Cのコードをギターで弾くとどうなるのかを見ていきましょう。
Cのコードとは、ド・ミ・ソの3音から成り立ってます。
このCのコードをギターで弾くと
6弦は開放弦のミ
5弦は3フレットのド
4弦は2フレットのミ
3弦は開放弦のソ
2弦は1フレットのド
1弦は開放弦のミ
というふうに弾きます。

ギターで弾くCコード

上の写真はギターでCのコードを押さえた時のポジションです。
ここで5弦のドと2弦のドや4弦のミと1弦のミなどがオクターブで重なっていますが、構成音は変わっていないためこのように弾きます。

また、コードにはルート音とベース音があり、ここで1番音程が低い6弦のミを弾いてしまうとCのコードではなく、Eをベース音としたCのコードになってしまうので、6弦を親指でミュートしてCのコードにしていきます。

ルート音とベース音の違い

このCのコードにシの音を加えてCメジャー7thのコードにする時は2弦の2フレットを押さえていた音を開放弦にし、シの音にすることによってメジャーセブンスの音に変えることができCメジャー7thのコードを弾くことができます。

ギターコードとポジション

他のコードも同じようにギターで弾く6音の中にコードの構成音が全て入っていて、コードのルート音が1番低い音になっていればそのコードを弾くことができます。

その他バンドなどでベースがいればルート音やベース音を抜いて弾くこともあります。
このようにギターでは、1つのコードに対して様々なコードの弾き方があるので色んなポジションのコードを試してみるのもいいトレーニングになるかと思います!

頑張ってください!

動画で見る!ギターに関するスキルアップのコツ!
大宮の音楽教室は【口コミNO1】フィールドミュージックスクールへ PAGETOP