メニュー 閉じる

大宮駅徒歩4分!楽しく上達できるオーダーメイドの音楽教室

いこ~よミュージック

お電話0120-154-349

お電話での受付時間 11:00~19:00

いつでも音楽と向き合える!スキルアップのコツ

ドラムの先生になりたい!どれくらいのスキルが必要?

2021/10/05

  • ドラム教室

ドラムコース

 

ドラムが上手くなったらいつかドラムの先生になりたい!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今回は、ドラムの先生になるにはどれくらいの実力と経験が必要なのか?また技術以外にもどのようなスキルが求められるのかをお話ししていきたいと思います。

 

ドラムの先生になる為に必要なスキル

ドラムの先生になる為に必要な資格などは特にありません。

 

大手の音楽教室などは独自の基準で〇級などグレードのようなものがあるようですが、それはその教室でしか評価されず、実際に当音楽教室にもグレードをお持ちの講師の方が面接に来られ知識や技術のスキルを見させて頂きましたが、当音楽教室での基準には達しておらずお断りした事もあります。

 

例えば、大学受験の為の塾の先生が高卒の資格しかなければ当然教えるのは難しいと思います。

 

音楽教室によって基準はマチマチな部分はあるかと思いますが、最低限、音楽の専門学校や音楽大学などで専門的に学ばれた方と同等の知識と技術がないとそのスキルを伝える為のキャパシティーは乏しくなります。

 

ただ、専門学校などで2年間学んだ事を全て把握している方も少なくほとんどの方は専門学校で学んだ事を忘れている、若しくは卒業の資格だけは持っているけどほとんど学校に行っていなかったという人も多くいます。

 

私自身、プロのドラマーとして何年も様々な現場で音楽に携わった経験からすると、専門学校で学んだドラムのスキルはその2割程度しか過ぎないと思うので、いくら専門学校で学んだからといってもその時点では人に音楽を教えられるようなスキルをもっている人はほとんどいません。

 

中には音楽の専門学校を卒業したけどライブなど人前で演奏した事は一度もないという人もいます。
ドラムを教える事に資格は必要ないとはいえそんな方に教えてもらうというのは正直戸惑う所かなと思います。

 

ですので、ドラムを教えられるスキルとしては最低限専門学校などで教わった事をしっかりと把握しているか?という所が1つの線引きになるのかな?と思います。

 

知識や技術以外にも必要なスキル

ドラムの先生になるには先生自身のスキルがあればいいというものでもありません。
ドラムの知識や技術以外にもどのようなスキルが必要かをお伝えしたいと思います。

 

●生徒の熟練度を評価するスキル

ドラムの先生に必要なスキルとしてまず生徒さんが先生の言っている事をどのくらい理解できていてどれくらい出来ているのかを評価できなくてはいけません。

 

その評価もどの先生も同じ基準があるわけではありませんので、その先生の独自の評価になってしまいます。
当然、ドラムの先生のドラムに対する知識や技術が高いほど生徒に対する評価は低くなりますが、その分高いスキルを身につける事も可能になります。

 

例えば、ドラムの先生が正確にドラムを叩けるテンポが150だとするとその生徒が140まで叩けると『だいぶ叩けてきている』という評価をするかと思います。しかし、ドラムの先生が180まで叩けるなら『まだまだだなぁ〜』という評価になるかと思います。

 

ただし、ドラムの先生が150のテンポでしか叩けないのであればその先生に教わったとしても150以上叩けるようになる事はありません。なぜならドラムの先生自体が叩けないのですから。

 

●自身がもつスキルを分かりやすく伝えるスキル

先生がよく壁にぶつかる問題にこの伝えるという問題です。

 

先生は何気にできている事でも生徒さんにとってはすごく難しい事。
それをどうすればできるようになるのか?どれくらい時間をかければいいのか?などを分かりやすく具体的に伝える事ができず、結局『どうせできないから』などと最初から諦めて低いクオリティーのまま先に進めてしまう事は多くあります。

 

出来ない事をできるようになるのに一瞬で出来る様になる事はありません。その出来る様になるまでのプロセスをしっかりと組み立てて、出来ることの積み重ねをしていくうちに目標を達せるようにプランを組み立てていくようにします。

 

先生自身がどのようにして上手くなったかを目に見える形にしてそれを伝えられるスキルを身につける事も大事です。

 

●生徒がやりたい事と先生が必要だと思う事をしっかりと伝えるコミュニケーション能力

これもドラムの先生に限らずどんな仕事をするにも必要なスキルではないでしょうか?

 

特に音楽に携わっている方は音で表現する事は得意でも言葉で的確に伝える事は苦手という方も少なくありません。
しかもドラムを限らず音楽は○や×はなく△の部分が多いものです。しかし習う側からしたらどっちつかずの事を先生から言われると不安になってしまいます。

 

ですので、そのような場合でも的確な解決法やアドバイスをしっかりと伝えられるコミニュケーション能力も必要になります。

 

3、まとめ

いかがでしょうか?

 

今回はドラムの先生になる為に必要なスキルという点でお話させていただきましたが、ドラムの先生になるには技術以外にも様々なスキルが必要だという事を理解していただけたらと思います。

 

先生によってもとにかく早く叩く事を得意としている先生や早さよりしっかりと正確に叩く事を得意としている先生、技術はないけどユーモアがあってレッスンが楽しいという先生など、いろんなタイプの先生がいます。

 

実際にドラムの先生になる事は難しいことではありませんが、『いい先生』になるには常に生徒さんの事を考え教える為のスキルの向上を怠らない先生が最終的にはいい先生になり得ると思います。

この記事の筆者

森田 伊宏(TADAHIRO MORITA)

フィールドミュージックスクール代表。
都内音楽学校にて本格的に学び、卒業後は石川さゆりのツアーサポートはじめ薬師丸ひろ子、葛城ユキなど数々のアーティストのレコーディングやテレビ出演、コンサートツアーなどスタジオミュージシャンとして活動する。

森田 伊宏(モリタ タダヒロ)

ただいまご入会キャンペーン中!
最大11,000円還元!
まずは無料体験をお試しください。

「独学で始めてはみたけど、何をやったらいいか分からない」「憧れの曲を弾ける・歌えるようになりたい」
「長く続けられる趣味として楽器をはじめてみたい」といった想いをお持ちの方!私たちにお任せください!

Contact

いこ~よミュージック

0120-154-349

お電話での受付時間 11:00~19:00

Page
Top