大宮駅そば!通いやすく、楽しく上達できる音楽教室です

ピアノスケール
こんにちは。フィールドミュージックスクールインストラクターの森田です。

森田講師プロフィール

ピアノにかかわらずギターやベースなどを弾く際にもスケールを知っておくと大変便利です!
今回はこのスケールについて少しお話ししたいと思います。

目次
▼①スケールって何?
▼②様々な音の呼び方
▼③度数
▼④メジャースケールとマイナースケール
▼⑤まとめ

1.スケールって何?

スケールを日本語で言うと音階と言います。
全ての音楽は音階(メロディー)を司る旋律とコード(和音)、リズムで成り立っています。
その中でも、スケールはメロディーの役割を大きく持っています。
スケールにはコードと同じメジャースケールとマイナースケールがあり曲の調(Key)によって使い分けられます。

スケールは、ドレミファソラシの7音とド♯(レ♭)・レ♯(ミ♭)・ファ♯(ソ♭)・ソ♯(ラ♭)・ラ♯(シ♭)の5音で合わせて12音の並びで様々なスケールになります。


動画での解説はこちら

2、様々な音の呼び方

先程説明したスケールも日本語名(和名)があるように音そのものにも国やジャンルによって様々な呼び方があります。


私達が一番馴染みがあるのは、ドレミファソラシドだと思いますが、実はこれはイタリア語です。日本語すなわち和名ではハニホヘトイロと言います。ポピュラー音楽では主に英語での読み方になるのでここではCDEFGAB(シー、ディー、イー、エフ、ジー、エー、ビー)で呼びます。その他にもクラシック音楽などはドイツ語でツェー、デー、エー、エフ、ゲー、アー、ハーと呼ぶ事が多いです。

スケールの呼び方

3、度数

スケールを理解するにはまず度数を理解する事が避けては通れません。


度数とは、音と音の間隔(広さ)の事で2つの音がどれくらいの広さがあるかを数字で示したものです。
例えばドとレはドから数えると2つ目の音なので2度と言います。また、ドとミはドから数えると3つ目の音なので3度と言います。ここでは2度の度数のみ説明していきます。


しかしここでピアノの鍵盤を見てみるとドとレの間にはド♯(レ♭)があります。しかしミとファの間には音がありません。同じ2度でもドとレのように間に音が1音入った2度を全音(長2度)といいミとファのように間に音が入ってない2度を半音(短2度)といいます。
このように白鍵(白い鍵盤)を見ていくとドとレ、レとミ、ファとソ、ソとラ、ラとシは全音でミとファ、シとドは半音というのが分かります。

ピアノ鍵盤1

関連記事


度数の詳しい解説を動画で見る



  

4、メジャースケールとマイナースケール

冒頭でもお話ししたように、音楽のキー(調子)、コード(和音)、スケール(音階)にはメジャーとマイナーがあります。この2つはそれぞれの異なる性質をもっていてどちらを主とした曲かによって雰囲気に違いが生じます。どのように違うかはまたの機会という事で、まずメジャースケールは始まりの音から順番に全音、全音、半音、全音、全音、全音、半音という並びになったものをメジャースケールといいます。


そしてその始まりの音がドから始まったスケールであればCのスケールしかもメジャーのスケールということでCメジャースケールということになります。

ピアノ鍵盤2

またマイナースケールは、3種類ありますが、今回はその中でもナチュラルマイナースケール(自然的短音階)についてご紹介します。
ナチュラルマイナースケールは、メジャースケールの6番目の音からスタートしたスケールで、例えばCメジャースケールのドレミファソラシのラからスタートしたラシドレミファソの音がマイナースケールになります。しかもそのマイナースケールはラからスタートしてるのでAマイナースケールとなります。
マイナースケールの音の並びは、全音、半音、全音、全音、半音、全音、全音という並びになります。

インターバルとは?

マイナースケール

5、まとめ

いかがでしたでしょうか?
メジャースケールとマイナースケールを少し理解いただけたでしょうか?


度数が理解できればスケールだけでなくコードも理解できるようになってきますのでここでしっかりとマスターしていきましょう!
スケールを理解することによってアドリブや作曲を行う上でもすごく役に立ちますよ。

コードの仕組み〜ピアノ編〜

また、その他にも順次アップしていきますのでぜひご覧ください。

 

関連記事

    

大宮の音楽教室は【口コミNO1】フィールドミュージックスクールへ PAGETOP