大宮駅そば!通いやすく、楽しく上達できる音楽教室です

高い声を出す
こんにちはフィールドミュージックスクールの淵岡です。

今回は高い声の出し方について触れてみたいと思います。
歌を歌うときに高い声を出そうとすると力んでしまったりして音が届かなかったり裏返ったりする事ってありませんか?
今回は高い声を出すときのポイントを3つに絞ってご説明していきたいと思います。

ボーカル淵岡講師プロフィール

 

1、口の開け方

口の開け方で1番大切なのは口を縦に開けると言うことです。

口を横に開くと『い』や『え』のように喉に力が入り喉が閉まりやすく高い声が出づらくなってしまいますので、口を縦に開けることを意識してみてください。


そして、口を縦に開けるときに大事なのが軟口蓋と言われる部分を上に引っ張り上げることが大切です。

軟口蓋を上に上げることで口が大きく開き声が出やすくなります。


軟口蓋が上に上がっている時の口の開け方はあくびをしている時の口の開け方によく似ています。あくびをした時は口は横には開かないですし、連動して軟口蓋が上に上がっているのであくびの口の開け方を意識してみてください。

2、呼吸の方法


呼吸をするときに大事なのが息を吐ききることです。

歌を歌う上で息を吸う事も大事ですが、息を吐くときに声も一緒に出るので息を吸う以上に吐ききることを意識してみてください。
そして先ほどご説明した軟口蓋に向けて息を吐く事が大切になります。

軟口蓋を上げずにただ前に向かって息を吐くだけだと平たく細い息の吐き方になります。

一方で軟口蓋を上げてそこに向かって息を吐くと口が大きく広がり多くの息を一気に吐くことができより深い豊かな呼吸ができます。
また、息を吸う時も軟口蓋に向けて吸うと口が自然に開き高い声が出やすくなります。

3、口の開け方と呼吸を意識して声を出す

では、実際に口の開け方と息の吐き方に注意して声を出してみてください。

口の開け方と息の吐き方を意識せずに声を出すと声がのっぺりとした濁りのある印象の薄い声になってしまいます。

口の開け方と息の吐き方を意識して声を出すと真のあるしっかりした声になります。

ではこの2つを意識するかしないかで高い声がでるかでないかが変わってきます。
実際に意識をしないで高い声がどこまででるかを検証してみたところ、意識しない場合は『レ』の音でかなり喉がキツくなってきました。




また、この2つを意識して声を出したところ、悪い例で行った『レ』よりさらに6音も高い『ド』まででました。

声の質も全く意識しないで出した時よりも喉に力みがなく真のある声が出ています。


このように口の開け方と息の吐き方を意識するだけでかなりの高い声が出るようになりました。


いかがでしたでしょうか?

口の開け方と息の吐き方でこんなにも高い声を出す事が可能です。
その他にも声量アップやしっかりとした音程をキープするのにもかなり効果的な方法ですので、ぜひ試してみてください!


今までキーが高くて諦めていた曲にも挑戦できるようになりますよ♪

大宮の音楽教室は【口コミNO1】フィールドミュージックスクールへ PAGETOP